マルぴょんござる!

マルぴょん それは日本古来より伝わる伝統の味…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-15 [ Fri ]
んー^^

今日はお仕事すごくしあわせです^^


































そんなわけないから^^;























おはようございます。今日もマルぴょん氏はせっせとお仕事をしております。

ブログを更新したりまとめブログを読んだりしながら、空いた片手で携帯ゲーム。

一説によるとその働きぶりは、あやうく過労死するんじゃないかと思うほどだったそうです。

(当社判断基準による)

















さて、今日は文学的なお話です。




さっきこんな記事よんでました



カオスちゃんねる 太宰をずっと馬鹿にしてたんだけどさ




私はどちらかというと三島信奉者なので太宰さんのことはあまり好きではありません。


けれど彼の文学は非常に興味深く思えます。




え、そりゃ都合良すぎだろって?


そんなことないと思います。


作家は自分自身を愛してもらいたいがために文章を書くわけではありませんから。


作家は読者に 文章が描こうとしている煽情に、わずかながらの感情の支出をしてもらえればよいのです。


そしてそれは好意的である必要はない。


それどころか、自分に対して敵意を持っていながら感情の支出をしてくれる人がいるのだとすれば、それは作家にとって最大級の自尊心の慰めになるといえるでしょう。






私は以前、それまで仲の良かった知り合いにこう言われたことがある。


「あなたのことは好きになれそうもない。あれだけ面白い文章を書くことができるというのに。残念だ。」
(おおよその要約です。謙遜もあったのかもしれない)


この言葉に私は無上の悦びを覚えました。人に嫌われることが人一倍怖かった私にとって、この発見は新たな自分自身を知るきっかけになりました。






作家というのは非常に稀有な生き物です。

とても貧弱で複雑な生き物です。

作品を書くためには机に向かわねばなりませんが、良い作品を作るためには良い経験が必要です。そして良い経験とは机の上では生まれない。良い経験をしたものが必ずしも机に向かうとは限らない。机に向かったものが物を書き記す才能に長けているとは限らない。あらゆる条件を兼ね備えた才能の持ち主が、良い作品を残すまで自分を生かしているとも限らない…


なるほど。あれだけ膨大な量の雑誌がおかれている本屋の中で、自分の好きな作家の書籍だけが光り輝いて見える理由はそういうことなのですね。





それにしても三島の文章はいちいち国語辞典が必要なほど難解な場面がありますよね…

ぼくの学がないからだけどもさ…

それにくらべれば太宰おさむちゃんの文章は意外とイージーかもしれない。

今度試しに読んでみようかなぁ



おしまい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://malupyon.blog53.fc2.com/tb.php/86-97b413a7

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

あなたは誰?

マルぴょん

Author:マルぴょん
■プロフィール■
主の教えこそが世界を平和に導くと信じて疑わない「マルぴょん教」の教祖にして、悪の組織ショッカーの戦闘員であるとも言われる伝説の漢である…

■所属ギルド■
エンジョイプレイRS

■ギルドにおける職位■
客員提督(ゲストアドミラル, Guest Admiral)
近年においては一般ギルド員とも言う。

■ご職業■
ウィザード

■レベル■
推定690億
(東京ドーム7個分のビタミンC)

■好きな物■
ぬくもり(あなたの)

■得意な料理■
チャーハン
ペペロンチーノ
卵納豆

■趣味■
頭突き
墓参り
回転寿司

■好きな役■
リーチ
タンヤオ
ホンイツ

■好きな待ち■
ペンチーピン

■好きな体位■
ひみつ

■熱いラーメン■
が食べたい

カテゴリ

てんきよほう

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。